チアシード口コミランキング

チアシードのオメガ3脂肪酸とはどういった脂肪酸なのか?
MENU

オメガ脂肪酸の働き

オメガ3脂肪酸とは、私達の細胞を形成されるとても大切な材料となる役割があります。

 

オメガ3脂肪酸は人の体内で形成さえれことが出来ないので、青魚やサバ、くるみなどの外からの食品で栄養をとるしかありません。

 

そのオメガ3脂肪酸をチアシードは多く持っていて、くるみやサバなどの食品より断然豊富に含んでいます。

 

下記の表がオメガ3脂肪酸の一日の摂取量である10gの同じカロリー分量で比較しています。

 

チアシード 1.89g
サバ 0.41g
くるみ 0.71g

 

オメガ3脂肪酸に期待出来ること

 

オメガ3脂肪酸に期待できる事は、
1、コレストロール、中性脂肪酸を下げる働きがある、と言われています。
2、動脈硬化、心筋梗塞、高血圧、メタボリックシンドロームなどの予防効果が期待できると言われています。

 

さらに、神経系にもえいきょうがあるほか、脳の活性化をうながし、国力をあぅぷさせる効果もあると期待されているので、
特に幼児期には、脳を発達させるために必要不可欠なエイ勝訴のひとてと言われています。

 

そして、
認知症予防やうつ病の緩和、月経前症候群の緩和や花粉症 アトピー性皮膚炎んどのアレルギー症状の緩和にも効果があると言われています。

 

チアシードのオメガ3脂肪酸は熱に強くて酸化しやすいという特徴を持っています。

オメガさ脂肪酸を豊富に持つ食材としては、イワシやサバ、などの青魚、エゴマ油、シソ油 くるみ 豆類、などがあげられ、和食で使われる良く材が多くて
和食を食べる方は不足にはならなかった食材ですが、戦後欧米型に変化したことで、自ら意識してオメガ3脂肪酸を摂らないと不足する栄養素となっています。

 

通常はオメガ3脂肪酸は熱に弱く、酸化しやすいという特徴があります、

 

しかし

 

チアシードのオメガ3脂肪酸は熱にも強く、調理しても栄養素がなくならないタイプのものです。

 

ですから、1日10gのチアシードでオメガ3脂肪酸の2gを簡単に摂取出来ます。

 

Sponsored Link
data-ad-client="ca-pub-3389020614796377"
data-ad-slot="2971501644">


チアシードの効果

チアシードの8つの栄養素

チアシード 通販

チアシードの口コミレビューや質問

チアシードで生活習慣病の予防

ホワイトチアシード

チアシード レシピー

その他のスーパーフード

このページの先頭へ