有機JASマークのホワイトチアシード

有機JASマークのついたホワイトチアシードとは?ブラックシアシードやオーガニックや有機栽培とどう違うのですか?
MENU

有機JASマークとは(オーガニック栽培)

有機栽培という言葉が健康雑誌や健康食品の中で最近よく聞かれると思います。

 

有機栽培=オーガニック栽培です。

 

チアシードは植物なので、当たり前に土壌から育てます。

 

その農地が農薬や化学肥料を使っているか使っていないかで有機栽培かどうかで決まります。

 

農薬や化学肥料を使っていない=有機栽培

 

その確認を厚生労働省が行い、認可された印として

 

有機栽培JASマークが商品のラベルに張り付けられることになります。

 

下記のマークが有機JASマークです。

 

ホワイトチアシード 有機栽培

 

その反対で上記のマークが張り付けられていない商品は有機栽培(オーガニックではなくて農薬を使用した農地から栽培されたチアシードということになります)

 

ではなぜ

 

有機JASマーク認定のホワイトチアシードが良いのでしょうか?

ホワイトチアシードの栽培はブラックチアシードと比べてオーガニック栽培での分別が困難と言われています。

 

しかし、そこを最新技術でカバーしてホワイトチアシードを無農薬、無添加で栽培することにここ数年で出来たため、市場にホワイトチアシードが大変人気となっています。

 

当然私達が口にいれるものですから、農薬や薬品などで栽培された食品より使用されていない有機栽培の方が良いに決まっていますよね!

 

まとめ

 

ホワイトチアシードを選ぶなら有機JASマークが付いた商品を購入すべきです。

 

マークが付いていない商品で、無添加、無農薬とうたっている商品は有機栽培ではありませんので気を付けてくださいね

Sponsored Link
data-ad-client="ca-pub-3389020614796377"
data-ad-slot="2971501644">


チアシードの効果

チアシードの8つの栄養素

チアシード 通販

チアシードの口コミレビューや質問

チアシードで生活習慣病の予防

ホワイトチアシード

チアシード レシピー

その他のスーパーフード

このページの先頭へ