チアシード口コミランキング

チアシード、スーパーフードの口コミ体験レビューサイトです。チアシードを使ったスイートやお菓子の紹介!チアシードダイエット方法や効果などの口コミレビューやチアシードの使い方などをご紹介します。
MENU

チアシードにはカルシウムが豊富に入っています!!

 

チアシードにはカルシウムが豊富に含まれている食材です。

チアシードに含まれるカルシウムは大さじ12gにはなんと67mgも含まれています。
この含有量は1gあたりでいうと牛乳やヨーグルトを超えています。

 

また野菜の中でもカルシウムが豊富と言われているパセリも楽に超えています。
昆布や青のりに匹敵します。

 

ですから、無臭無味のチアシードを普段の食べ物に大さじ一杯いれるだけでかなりのカルシウムが得られるので非常に便利だと思いませんか?

 

日本人は特にカルシウムが不足しやすい生活をしているようです。

厚生労働省によると一日に大人600〜800mg、そして成長期の子供には700〜1000mg必要とされています。
しかし今の生活だと現実は平均量500mぐらいしか摂取出来ていないという調査だったそうです。

 

 

カルシウムが不足すると、99%が健康な骨と歯を作る為に使われています。なので不足すると骨の形成に大きくかかわってゆくことになり、骨が弱くなるという身体の根本の原因となります。

 

また骨にならなかった1%は神経や筋肉、血液中に存在して、それぞれの機能が正常に動く働きをサポートすることに使われています。

 

またよくイライラしている人を見るとカルシウムが足りないとか言うのを聞いた事があると思いますが、
カルシウムには興奮や県庁を緩めたり、抑えたりする機能があるというのも有名な事です。

 

 

骨粗しょう症とカルシウム

骨は古くなると新しい骨を形成してゆきます。しかし骨の形成と失う速度のバランスがくずれると骨密度が減少してしまい、骨の内部がスカスカになる骨粗しょう症になる可能性があり、骨折の原因にもなりかねません、その原因は99%のカルシウムが歯と骨に使われていいますが、1%の神経機能に使うカルシウムを補うのに必要な為、バランスがくずれてしまうのです。

 

カルシウムの効果的に働きに作用するマグネシウムの存在

 

カルシウムの特性としてほかの栄養素に比べると、とても身体に吸収されづらいという事があります。
カルシウムを身体に吸収するにはビタミンDとの相性が良いのですが、チアシードはビタミンDが含まれていませんので、さんまやさけやきのこと組み合わせるととても効率が良く吸収られることが出来ます。

 

ただチアシードにはマグネシウムの栄養素が含まれています。
マグネシウムはカルシウムを効果的に体内で作用する働きがあります。効果的な働きを作用するバランスはカルシウムが2、マグネシウムが1という比率です。
その黄金の比率に近い割合でチアシードは配合されているのでまさに宝の種です。

 

Sponsored Link
data-ad-client="ca-pub-3389020614796377"
data-ad-slot="2971501644">


チアシードの効果

チアシードの8つの栄養素

チアシード 通販

チアシードの口コミレビューや質問

チアシードで生活習慣病の予防

ホワイトチアシード

チアシード レシピー

その他のスーパーフード

このページの先頭へ